寺田@VALU,USスタートアップ

モチベーション、目標管理、心理学や価値観、教育について。スタートアップ・ビリヤード・メキシコ・コーチング

GRIT:ピラミッド型の目標と「やらない」こと

 

全然暑くなりませんね。

 

さて、本日も引き続き開発の学習。

 

超絶pythonエンジニアになります(無理

 

 

 

さて、ちょいちょいGRITを読んでます。

 

GRITの中でピラミッド型の目標がでてきます。

頂点はもっとも重要な目標。

 

その下にサブタスクがついてる感じです。

 

 

そしてこのピラミッドに入らないものは排除しよう、「やらないこと」を決めようという趣旨です。

 

 

私の友人で何でもかんでも手を出してしまって全く時間がない、という方がいるのですが、彼はこのピラミッドに入らないものばかりやってしまっているということなのでしょうかね。

まあ一番上が興味あること全部やる、とかならいいですけども。

 

ホリエモンはどうなのでしょうね。

 

彼は目標とかなさそうですけど。

楽しいことをひたすらやる、といった感じ。

で、幼少期から色々試してみる中ではまる感覚を覚え、はまるものへの嗅覚が鋭くなった感じでしょうか。

そして今宇宙に一番力を入れているのかな。本人はそうではないかも。

 

ホリエモンに関しては予想しにくいですね笑

 

いわば楽しいものへ反応し、惹かれていく、進撃の巨人で言うならば「無垢の巨人」みたいなものですかね。

 

まあ別にGRITで出てくるピラミッド型目標設定は別に特別なことでもないし、別にそれに従って目標を立てる必要もありません。

 

しかし多くの人が大きな目標に繋がっていないタスクをして、結局大きな目標に近づけずに終わります。

 

私は平日から飲み歩いている人間にはなりたくないよ。

積極的に飲むという決断をしているのなら別ですが。

 

何かをしない理由として家族や恋愛、子育て、お金、つきあいを理由にする人間にはなりたくありません。

Mark Zuckerbergやらみても本当に幸せな人間はその辺をおろそかにしないと信じます。

てか信じなきゃ都合が悪いよ。

 

成功≠幸福